2005年12月2日

馬単過剰馬券が走るのはまだ続くだろう

カテゴリ:未分類 コメント(0)

馬単馬券が始まってから久しい。

しかし、今もなお馬単に過剰投票が発生する馬券が走る傾向は続いている。その例が2005年11月27日京都2R。051127kyo2rmain

このレースは9番カイテキネオが馬連得票率26.9%であるにも関わらず馬単の頭で買う馬券の得票率は36%にも達し、勝負気配を見せた。従って軸は問題ないレースとなったが紐馬はちょっと難しい状態だった。

上記の画面でわかるように7,1,15番に単複の過剰が発生し、11番にも複異常が発生するという状況だったのだ。1番は得票率グラフ(上記)でも過剰傾向を見せ、金額グラフでも15万を超える金額異常が真夜中の1時30分に発生しており、どこかで再度勝負に挑んでくると思われるが、このレースは馬単で勝負に出たカイテキネオ(1番人気)陣営がどこを相手に馬単を買っているかがわかればそう難しくはない。

それは次の表が明快に示している。

051127kyo2rutanfocus

9番トーホウドンファンの異常投票を抽出するとカイテキネオの相手1番手だったことがわかる。しかし、これでも見づらい(笑)という人も多い。

そういう会員は迷わずシンドロームの軸分析フォームを開くといい。

051127kyoukajou

回収率が100%を超える紐異常にはきっちり緑マークがつく。

まだまだ馬単過剰は続くだろう。シンドローマーだけでなく、他のオッズツールを使っている方も馬単過剰に注目してほしい。おいしい馬券が待っている。

決して単勝過剰だけをみてはならない。(次回は単勝過剰の考え方に触れる)

オッズ派にも流派がある

カテゴリ:未分類 コメント(1)

オッズ派にも流派がある。

アキヤマさん、阿部さん、ソナー、シンドロームは<インサイダーを検知する>という考え方

これに対して

スナイパーミヤグチさんは<分布を調べておいしい馬券を探す>という考え方。同じオッズ異常派でも天と地ほど違いがある。もちろん、対立している訳ではない。シンドロームにも分布論という視点は必要だと考えていて、それを取り入れられたらとは思っている。

2005年11月25日

2004ジャパンカップダートに外国馬異常なし

カテゴリ:未分類 コメント(0)

残念ながら昨年2004年のジャパンカップダートでは外国馬の異常はなかったのが事実。

ただ、12番人気のトップオブワールド(四位騎手騎乗)がうっすらとスネーク(継続投票)が発生し、結果は5着。勝負どころは異常発生があると見て良いと思う。インデックスマトリクスもこの13番を検知しており、個人的には馬券になってほしかった。

1着は3人気(武騎乗)のタイムパラドックスでこちらは直前の集中票が発生している。単過剰のない武豊だっただけに興味深い。

結果は総合指数(TF値)上位2頭でワンツーとなるレースとなった。

2005年11月15日

早い時間に買われる典型事例

カテゴリ:未分類 コメント(1)

11月13日、福島1R.

このレースは上位4頭がらみのワイド馬券がそろってパドック前に買われるという上位離散馬券の典型事例となっている。会員の方はワイドGインデックスを見て欲しい。上位馬券がそろって真っ黒になっている。会員以外の方もオッズ派は各自の武器(ソフト)で見て欲しい。馬連得票率が20%を切っている馬達なので、いわゆる「揺り戻し」ではない。結果は2番人気~4番人気でけっちゃくしつつも3連2730円のおいしい馬券となった。

間違いのない確信投票の存在を示唆したオッズなので頭にとめておきたい。ちなみに5番人気と6番人気はその反動票も含まれているので注意して欲しい。