2015年5月2日

ライブ口座実践報告 2015年の収支詳細

早いもので2015年の競馬も1/3が終了しました。

 

今年の傾向としてとにかく単勝の回収率が良くないです。

 

しかし、レースによっては異常馬が2頭、3頭と馬券になり

破壊力を発揮するレースも多数ありました。

 

ライブ口座は単勝 複勝でトータルでプラスできることの

証明として2012年1月~運用を開始。

 

今年で4年目を迎えますが、

1~4月の過去検証で比較的優秀な数値を誇っていた時期に

マイナス収支というのは残念な気持ちです。

 

ライブ口座の投票ルールは

1.2月(3月1日込み)と

3月以降で大幅なルール変更をしました。

 

複勝の廃止と馬連の追加が変更点となりました。

 

まず今年4月までの単勝を振り返ってみましょう。

 

トータル収支は101%となんとか4月最終週で

プラスとすることはできましたが、

 

単勝は

1月 回収率 113%

2月 回収率 110%

3月 回収率 96%

4月 回収率 89%

 

3.4月が二ヶ月連続の100%を切ってしまっています。

 

1.2月投票していた複勝が

二ヶ月で 81%

ワイドが 98%

 

3月から追加した異常馬×異常馬の馬連が

159%とこの爆発力でトータル100%もクリアできた

感じです。

 

馬連は単勝を買う異常馬が2頭発生して1点買い

3頭発生で3点 4頭で6点の投票になります。

 

この二ヶ月での投票レースは293レース

的中が13レース 的中率は4.4%

 

24640円を含め2本の馬連万馬券を的中となりました。

的中の最低配当は2500円ですので

的中率は低くても高配当の恩恵に恵まれたといえます。

 

3月から始まった単勝の不調・・・

ちょうど外人騎手二名が日本免許取得、

新人騎手デビューからということになります。

 

新人騎手は毎年デビューしますし、

例年と変わった点は外人騎手ということになります。

 

毎年外人騎手は短期免許で日本で騎乗しますが

秋以降に多いのが事実 単成績が悪くなるのも、秋以降・・・

ちょっと分析してみますね。

 

現在は単勝のAゾーンは買っていませんので

BCDEFゾーンが例年通りに走ってくれれば

120%近い単回収率があります。

そうなれば馬連もさらに期待が持てますね。

 

5月開催の初日となる明日、頑張りましょう!

この記事に対するコメント

コメントはありません

コメントを残す