2014年12月12日

異常馬×異常馬 シンドロームの破壊力

師走競馬ですね。

 

今年の開催もあと三週です。

 

一年ってホント早いです。

 

また歳をとるんですね。

 

このブログをはじめ、会員用SNSやシンドローム2公式サイトでの

異常馬成績の集計はほぼ単勝、複勝ベースで集計しています。

 

ライブ口座でもメインは単勝です。

 

本物の異常、「インサイダー投票」は「1着」を取りに来ている。

これはデータからも実感からもまぎれもない事実です。

 

当然1着馬券を狙うのが筋ではるのは間違いありません。

 

控除率から言っても、的中率から言っても単勝が優秀なのは

いまさら言うまでもありません。

 

しかし、実際に勝ちにいっても2着や3着に破れたり、

時には掲示板にさえのらないことも多々あります。

 

異常があれば、異常がない馬との比較で間違いなく勝率は

高くなります。

2着3着になる確率もあがります。

 

異常が入ったほうが平均着順は断然高くなるのです。

 

異常が入った馬の単勝の回収率はゾーンによっても違いがありますが

110%~125%程度です。

大変優秀な数字だと思います。

全ゾーンでの単勝回収率は・・・

Bゾーン~Fゾーンの異常条件クリアの馬を均等買いした

2009年~2014年11月迄の成績をご覧ください。

単

(TFJV馬券シミュレーションで集計)

 

新馬戦とGⅠレースを除外して約6年での集計です。

 

一ヶ月で約400頭の単勝馬券を買うことになります。

6年ですべて1000円づつ投資して29,223,000円となります。

 

回収率が116.2%、利益が480万弱となります。

年間80万の利益です。

 

淡々と賭けていくだけでこれだけ稼げるのです。

余分な馬券は一切買いません。

 

しかし・・・・

 

単勝の回収率をいつも強調していて、

それが優秀なのですが、

 

馬券は単勝だけではなく、様々な券種があります。

毎レース3頭の馬が馬券圏内となります。

 

今回の記事のタイトル

「異常馬×異常馬」

さらには「異常馬×異常馬×異常馬」

ようするに異常馬が1着、2着にも異常馬、3着も異常馬

 

この異常馬×異常馬の馬券の回収率の上昇はあまり触れては

来ませんでした。

 

その上昇ぶりについては会員専用サイトにて近々公開いたします。

また異常馬からの馬券でも「買っちゃいけない組み合わせ」についても

記事にしたいと思います。

2014年9月19日

競馬で常勝するための要素

寒くなってきました。

 

私の住む札幌市はは一雨ごとに寒くなりあっという間に

雪の季節が迫ってきます。

 

夏のローカルが終了して秋競馬開幕となりましたが、

開催は阪神と新潟で関東開催は10月2週目の東京開催まで

お預けとなります。

 

秋競馬開幕週の先週

 

シンドロームが推奨する異常馬達の成績は

今ひとつ奮いませんでした。

 

シンドロームで実践している「ライブ口座」も

土曜日曜ともマイナス収支に終わり、

9月トータルでもマイナスに転じてしまいました。

 

競馬は外れれば賭け金が0になるギャンブルであることには

違いありません。

 

しかし、

 

そのギャンブルを「投資」とし、

年間スパンではキッチリプラス収支にし、

ギャンブルから投資と変えることが出来るのです。

 

1週、2週の収支にあたふたせず、

ドンと構えるのがとても大事だと思います。

 

ましてや、1Rでの当たり外れでドタバタするのは、

禁物です。

 

シンドロームで競馬をやられている方の多くは、

朝1Rから参戦している方が多です。

その日の調子が今ひとつで、

最終レースや「一見熱く見えるレース」でドカンと

一発逆転を狙っていては、ただのギャンブルとなってしまいます。

 

常に冷静に、「淡々」と買っていくには強いメンタルが重要です。

 

強いメンタルを維持するためには検証によって裏付けされた、

「マイルール」を確立することです。

 

買い方をコロコロ変えたり、気分で買っていても

結果はついてきません。

 

シンドロームでは「マイルール」確立のためのお手本として

「ライブ口座」で買う馬の条件、資金配分を公表していますので、

自分で検証が出来ない方は是非参考にして欲しいです。

 

シンドローム会員ならライブ口座と全く同じように買うことが

出来るのです。

 

下記は3年目を迎えた2014年のライブ口座9/14現在の

競馬場別収支です。

 

ライブ口座914

 

今年は一切買っていないFゾーンが1月~7月迄非常に好調でした。

過去の季節サイクルで見ても秋以降のFゾーンの成績は悪いです。

今年も上半期の「出来過ぎ」感のあったFゾーン、

8.9月とかなり悪くなってきています。

 

今年も年内は過信は禁物ですね。

競馬場別で見ると、福島が95%

福島最終週での大爆発(特にFゾーン)があったため

個人的には100%を超えていますが、

問題は新潟。

今年の開催もあと三週。なんとか帳尻合わせをして欲しいものです。

 

10月にはまた福島も始まりますし、

全競馬場プラス収支をなんとか達成したいものです。