2014年2月23日

第31回フェブラリーS GⅠ

カテゴリ:未分類 コメント(0)

今年のGⅠ 第一弾フェブラリーS

 

昨年は人気がなかったエスポワールシチーをしっかり検知

特に馬連の直前の入り方は強烈でしたね。

エスポは2着でしたが、エスポ流しのピンポイントでずばり決まりました。

 

一昨年のテスタマッタまやってまった時も

DゾーンGAP4で単勝2430円はとっても美味しい馬券でした。

断然人気のトランセンドが指数1位でしたがぶっ飛び、

高配当を演出しました。

2012年フェブラリーSメイン画面

2012F

 

さて今年のフェブラリーS

 

3歳春はクラシックにのりダービーで3着と頑張るも、

その後の芝レースの不振からダート路線に変更

昨年の最後のJCDで一気に頂点に昇りつめた、

ペルシャザールが1人気

そのJCDで単勝1倍台と支持されながら3着とやぶれた

ホッコータルマエが2人気となっています(朝6:30現在)

 

JCDでのホッコータルマエは自分でレースを作る形となり

「勝ちにいった」結果、しまい甘くなりペルシャザールと

ワンダーアキュートに差されたわけですが、

その後の東京大賞典で堂々の横綱相撲でした。

交流GⅠは5回勝っているタルマエですが、

中央GⅠはJCDで連続3着 去年のフェブラリーSは不参戦と

大きなタイトルが欲しいのは当然ですね。

 

安定感からみてもこの馬が馬券圏外になるのは考えづらいです。

 

直前に入った異常馬は当然買いますが、

軸はホッコータルマエ

相手本線は

7番ニホンピロアワーズ

今回はもう少し粘れそうな気がする5番エーシントップ

追い込みでは16番シルクフォーチュンあたりを絡めた馬券を

買ってみたいと思っています。

この記事に対するコメント

コメントはありません

コメントを残す