2013年8月28日

ディープインパクト産駒の毛色

カテゴリ:未分類 コメント(6)

ディープインパクトはご存じのように

サンデーサイレンス産駒。

 

サンデーサイレンスの毛色は青鹿毛

まあ黒っぽい毛色でした。

サンデーサイレンス産駒が活躍しだした頃、

その産駒の活躍馬のほとんどが鹿毛や黒鹿毛の

黒っぽい馬ばかり。

そのなかで、皐月賞を勝ったイシノサンデーが、

SS産駒の中では珍しい栗毛馬でした。

その他にはアグネスタキオン アグネスフライト

母父のロイヤルスキーが栗毛の影響でしょう。

 

ダイワメジャーも栗毛でこちらも母父のノーザンテーストが

栗毛の影響だったのでしょう。

 

産駒の毛色は法則があるらしく、

例えば芦毛馬の両親のどちらかは必ず芦毛。

栗毛が両親ともなら栗毛しか生まれないらしいです。

 

人間の血液型みたいなものなのでしょうかね?

 

結局SS産駒でも栗毛馬はそこそこの活躍馬を出しましたが、

芦毛の重賞勝ち馬は全くいませんでした。

 

重賞勝ち馬の中には母親が芦毛の馬もいましたが、

それらも「黒っぽい色」でした。

毛色の遺伝と競走能力の遺伝は無関係といわれていますが、

まんざら関係ないとも言えない気がします。

 

ディープと同じSS産駒のステイゴールドから、

母父の毛色の芦毛がでたゴールドシップがでましたし、

あのスタミナはどうみてもメジロマックイーンの影響のような気がします。

 

さて本題のディープ産駒の毛色ですが、活躍馬は全て

「黒っぽい毛色」

芦毛も数頭いるようですが活躍馬はなし。

栗毛馬にいたっては「存在しない」ということのようなのです。

 

調べてみるとメンデルの法則が何チャラで

ディープインパクト産駒は母馬に関係なく、

栗毛は出ないそうな・・・・

不思議ですね~

 

芦毛もかなり貴重らしいですからもし発見したら応援しよう。

 

栗毛馬といえばトウショウファルコ・・

綺麗な馬でしたね~

 

ちなみに私の人間の女性の好みは黒毛より、栗毛が好みです。

しげやんさんならわかってくれますよね~

この記事に対するコメント

6 件のコメント

コメントを残す