2013年5月16日

第74回優駿牝馬

カテゴリ:未分類 コメント(2)

春のクラシックシーズンもクライマックスに近づきました。

次週はいよいよ優駿牝馬(オークス)です。

 

春の3場開催もいよいよラストとなり、

26日にはダービーとなります。

 

実は1991年のオークスがどうしても忘れられないレースなんです。

大きく儲かったレースももちろん印象に残っていますが、

この91年第52回オークスは大敗をしたレースとして、

今でも忘れられないレースの一つです。

 

単複、枠連しかない時代ですから、枠連少点数勝負が主流でしたが、

このレースは17番(単枠指定)シスタートウショウは鉄板。

4人気イソノルーブルが入った8枠は自信を持って消し。

本線は6枠14番スカーレットブーケの6-7中心で勝負。

 

イソノルーブルだけは絶対にないと判断したレース、

結果はあれよあれよの鼻差の逃げ切り。

 

やられました~

もう一度スタート前に時間を巻き戻しても、

やはりイソノルーブルは買わないな~

 

競馬はお金を張る以上ギャンブル。

ある程度は思い込みがなけりゃ大金は張れません。

 

1991年優駿牝馬

2013-05-16_195738

 

さて今年のオークス 難解です。

一昨年はエリンコートに異常が入り見事1着になりましたし、

直前票で若干変わるかもしれませんが、

 

5番デニムアンドルビーが一歩抜きんでているのではないかと

判断しています。

桜花賞組VS桜花賞以外組という構図。

アユサンはじめ桜花賞組より、フローラS組にとても魅力を感じます。

 

ただ、今年の3歳牝馬路線重賞を二つ勝った馬がいないように、

混戦必至で、デニムアンドルビーかなり人気になってしまうのでは

ないかと思います。

 

しかしぜひ快勝して凱旋門にも挑戦してもらいたいですね。

今年の凱旋門賞日本馬、6頭が登録しています。

3歳牝馬には有利な斤量で出走出来るレースなので、

楽しみなんです。

 

もちろんオルフェーヴルは応援します。

 

オークス

◎ 5番 デニムアンドルビー

○ 13番 エバーブロッサム

以下

6番 サクラプレジール

16番 クロフネサプライズ(やはり逃げのこり怖いです)

この記事に対するコメント

2 件のコメント

コメントを残す