2013年4月24日

第147回天皇賞

カテゴリ:未分類 コメント(5)

去年の春天 断然1人気単勝1.3倍の

オルフェーヴルが11着と惨敗。

阪神大賞典のあの逸走からの立て直しての2着後の

レースで不安な要素もありましたが、

今年のゴールドシップには不安要素が、

見つかりません。

もちろん競馬ですから何がおこるかわからないと言えますが・・

去年のGC実況のアナウンサーが、

ビートブラックの逃げ切り濃厚になった

直線で、「これはもう届かない!」と絶叫してから

もう1年なんですね~

そのビートブラックが単勝14人気 15960円

三連単も145万という大波乱となりました。

1人気にかぶればかぶるほど、大波乱の要素たっぷりという

お手本のようなレースとなりましたね。

しかしGETするのは難しいレースでした。

2年前も7人気ヒルノダムールが1着。

2008年 12人気マイネルキッツ

2005年 13人気スズカマンボ

2004年 10人気イングランディーレ

とここ10年で4頭が二桁人気馬が優勝と

大波乱も十分考えたくなるレースですよね。

ここ10年1人気で勝ったのは・・・

ディープインパクトただ1頭。

今年のゴールドシップは単勝で1.3倍くらいになるのかな~

2人気にフェノーメノ

3人気にトーセンラーあたりでしょうかね~

香港ヴァースで2着と頑張ったジャガーメイルも

もう9歳 マイネルキッツは10歳

過去の春天を遡っても8歳以上の高齢馬が、

馬券圏内にきたことはないというデータもありますし

上記2頭とトウカイトリックあたりは厳しいでしょうね。

ことしの春天のJRAのCMはディープインパクトですね。

この10年でただ1頭1人気が勝った馬です。

2006年でしたね。単勝で1.1倍でした。

この記事に対するコメント

5 件のコメント

コメントを残す