2012年12月27日

12月22-24日のゾーン、異常別集計

カテゴリ:未分類 コメント(5)

今年のJRA全日程が終了しました。

有馬記念は、ゴールドシップが、

力でねじ伏せたといった印象でした。

まだ未対決のオルフェーヴルとの対戦が楽しみです。

オルフェーヴルは2013年も凱旋門賞挑戦プランも

あるようなので、日本を代表する2頭が、

凱旋門賞で対決なんてことを考えたら、

今から、ワクワクしてしまいます。

それより先に、オルフェーヴルは春天で、

今年の借りを返したいでしょうから、

春天か、もしかしたら、阪神大賞典で、

ゴールドシップとの対戦が見られるかもしれませんね。

さて、今年最後の集計です。

10月以降好調ではありましたが、

12月はFゾーンが予想通り悪かったです。

先週も、FゾーンGAP5以上が、30頭発生し、

1着0、3着にわずか2頭きただけでした。

1~5月はFゾーンの爆発が期待されます。

といってももともと、勝率、複勝率が低いので、

過信は常に禁物です。

一方、10~12月はFゾーンは購入しない

作戦で実践した、シンドロームライブ口座が、

とても高い回収率で、ついに、年間回収率が、

122%となりました。

恐るべき数値でしたね。

IPAT履歴と1%の違いがありますが、

これは、誤って、手動で賭けてしまったものが、

含まれているためです。

ライブ口座自動運転の回収率は正確に、

122.3%となりました。

1月の1週から3週までは実践していませんが、

その3週も好成績でしたので、

それを、含むと、125%もの回収率に、

なったのでは、ないのかと思われます。

やはり、8月までの、単複どのゾーンも均一だと、

大きな配当のゾーンの成績に左右されすぎ、

結果として、戦略的には良くはないですね。

このデータは、シミュレーションのデータと違い、

実際に、投票しての成果ですので、意味は、

より大きいです。

12月のライブ口座の詳細、短評は、

公式サイトで公開していますので、

ぜひご覧になってください。

会員サイトではないのでどなたでも見ることが出来ます。

2012年の12月の集計、

及び、2012年1年の、クラス別を含めた、

詳細集計は年内には、まとめて、データサイトに、

アップしたいと思います。

20121227_031905

この記事に対するコメント

5 件のコメント

コメントを残す