2012年9月6日

秋競馬開幕

カテゴリ:未分類 コメント(4)

9月1週目で夏競馬が終了して、来週から

秋競馬開幕となります。

過去4年の秋競馬(9月のみ)のデータをまとめてみました。

先週のような9月競馬だけど夏競馬になる開催は

含まれていません。

新馬、GⅠも除外しています。

まずはゾーン異常別成績

Photo

AゾーンGAP1以上の単勝は夏競馬同様良いです。

EFゾーンは複回収率こそ100%はクリアしていますが

単勝が悪いですね。ここも夏競馬の傾向に似ています。

特にF5の単は買っちゃいけないというデータに

なってしまいました。

なんといっても目立つのがDゾーンです。

単複回収率100%を超えるラインとしてGAP3以上と

なっていますが、この9月はGAPに関係なく

Dゾーンは走っています。

過去データだけをみると「Dゾーンはすべて買っとけ!」

というデータです。

完全な直前異常派としてはなんとも悩ましいデータです。

Dゾーンは確かに人気の盲点となる馬がいるゾーンです。

前走人気で凡走して人気を下げた馬や休養明けや、

大幅馬体重変動馬が多いのもこのゾーンの特徴では

ないかと思います。

しかし、他の季節と比較しても圧倒的な数値なんです。

そこで、秋競馬(9月)のDゾーンについて

細かく調べてみました。

まず、クラス別、年別、頭数別データです。

Photo_3

去年が悪いのは震災の影響があるでしょうか。

クラス別にみてもこのクラスはダメというのが見当たりません。

出走頭数別でも関係なく良いです。

特にフルゲートだとさらに良くなります。

次にGAP別とレース間隔別での成績です。

Gap_2

連闘、中1週の強行軍ローテの馬は悪いようです。

休養明けは「買い」でしょうか。

次に馬体重変動、 斤量増減、年齢別

Photo_6
年齢別ではっきりとした違いが出ました。

2歳(2歳戦)、3歳上戦での3.4歳馬、3歳戦での3歳馬が

高回収率で、5歳以上では無条件では買えないという

データとなりました。

結論

推測ですが、秋競馬緒戦を迎える2.3歳馬は

陣営の思惑以上の馬の成長充実がありえ好走する。

4歳馬も昔でいう「充実の5歳秋」といわれるよう、

馬に身が入り、こちらも思惑以上の好走となる。

もともとDゾーンはFGゾーンとは違い、人気になっても

おかしくない馬がいるゾーンでもあることから、

9月Dゾーン単回収高数値になっているのでは

ないかと勝手に推測しました。

みなさんはどう思いますか?

この記事に対するコメント

4 件のコメント

コメントを残す