2012年4月11日

3歳未勝利戦

カテゴリ:未分類 コメント(1)

3歳新馬戦が終了して

6月の新馬戦が始まるまで

レースプラグラムの約4割を占めるのが

3歳未勝利戦です。

新馬戦でデビューできなかった馬も多数いて

毎年ノーマークの初出走馬が激走して、

大きなため息をつくシーンも少なくないはず。

同様にダート替わりの馬も注意が必要です。

初出走馬も、ダート替わりの馬も、

陣営としては正直「走らせてみないとわからない」

というところがあるのではないかと思われます。

未勝利戦ではFゾーンの異常馬の成績が

他クラスより落ちるのは以前も記事にしましたが。

「先週のこのレース」の日記のコメントで

未勝利戦で初出走馬を除外した異常馬の

成績はどうなんだろうかと、しいたあさんから

意見を頂き早速調べてみました。

まずは3歳未勝利戦の初出走馬の

ゾーン異常別の成績です。

Photo

ごらんのようにEFゾーンが非常に悪いのがわかります。

続いて初出走馬以外の3歳未勝利戦も成績です。

20120411_185721
各ゾーン異常馬好成績安定ですね。

FゾーンGAP5以上は複回収率は100%を割り込んでいますが

FもGAP4以上と考えると単複とも100%は

超えてきますね。

Fゾーンは他クラスも含め一番異常発生が多い

ゾーン。その中からいかに本物偽物を、

見分けていくのかが自身の回収率アップに

つながっていきます。

過剰ポイントCTでの「複数回」入るかは

最重要チェックポイントとなりますね。

続いて3歳未勝利戦での前走芝レースで

ダート替わりの馬の成績です。

(前々走以前にダート経験ありも含まれています)

Photo_2

小さめの異常でも注意が必要なのがわかりますね。

上記の条件の中から、

デビュー戦芝を使い2戦目ダート戦の馬の成績です。

Photo_3

このパターンが一番注意ですね、

今回ナリヤンさん、たれぱさん、しいたあさん、

保坂さん、beeさんブログへのコメントありがとうございます。

皆さんは、どちらもシンドロームを生かす馬券術を

自身で研究し良い成績をおさめている、

ベテラン会員さんです。

このブログでのコメントや会員用のSNSでも

よくコメントを寄せてくれています。

最近入会した会員さんや、どうしてもシンドロームを

生かし切れていない会員さん是非、

コメント等も参考にしてくださいね!

この記事に対するコメント

1 件のコメント

コメントを残す