2012年4月5日

シンドローム単複作戦&3月までのクラス別異常馬

カテゴリ:未分類 コメント(0)

シンドロームに新規で入会してくる方の

ほとんどが他の予想ソフトを使ったり、

高額配当を獲ったことばかりを誇大表現した

サイトなどに予想料を払ったりなどの

経験をした方が多いと思います。

シンドロームは、この買い目をこう買いなさいと

予想するソフトではありません。

主に直前の異常投票を検知して、

人気薄の激走する確率の高い馬を提示します。

その目安として「GAP」があります。

競馬をやっていると高配当、特に3連単などの

高額配当をGETすると「魔薬」のように、

その興奮を忘れられなくなります。

シンドローム2では単純明快に、

人気をA~Gゾーンまでに分割して

各ゾーン内でGAPが○以上あれば、

単複回収率とも100%を超えるラインを

異常馬(アウトライヤー)と呼んでいます。

脱3連単の為にも、確実に異常馬の激走時

取りこぼさないのが「シンドローム単複作戦」です。

当たり前の話ですが、

ある異常馬の複勝を買えば、

その馬が3着内に入れば当たりです。

その的中率が25%あったとします。

しかし、その馬から3連複を買っても、

的中率は絶対に25%を下回ります。

またその複回収率が115%あるなら、

3連単。3連複などを買い続けて115%を

超える回収率をたたき出すのは

結構難しいんです。

現在、シンドロームに入会された方には

「シンドローム単複作戦」のマニュアルを

配布しています。

単複作戦を実行するにあたり、

他のファクターを考慮してもう少し回収率が

上がる方法はないですか?

とよく質問をもらいます。

シンドロームのスピード指数で何位以内に入っている

馬だけを買うとか、1人気が馬連得票率が27%以上の

レースだけを買うとかでも若干回収率は上がります。

その他にも、騎手、調教師、馬体重大幅増減馬(±10以上)

馬主、クラス、場所などなど、条件を絞り

回収率をあげる方法はあります。

一番重要なのは過剰ポイントCTをよく見て

複数回入ったか、一回きりかですかね。

しかしどのファクターを加味しても

最大のネックは発生数が激減するということです。

先日書いたパチスロ記事のように

110%の回収率に収束するにはそれなりの

ゲーム数が必要なように、110%の馬券も

回数を買うのが得策と思います。

自分なりに研究して強弱をつけるのがいいと思いますが。

各ゾーン異常馬の今年の3月までの成績を

クラス別に集計しましたので、

単複作戦の「強弱」の参考にしてください。

Misyouri

500_2

1000

この記事に対するコメント

コメントはありません

コメントを残す