2011年12月31日

ブエナビスタ引退

カテゴリ:未分類 コメント(0)

有馬記念では引退の花道は

飾れませんでしたが、

歴史的な名牝として名を残した

ブエナビスタ号が引退しました。

半妹のジョワドヴィーヴルが阪神JFを

2戦2勝で制し、この牝系の優秀さを

改めて実感します。

2012年デビューのビワハイジ産駒は

不受胎のようですが2013年デビュー予定の

ロブロイ産駒(またも牝馬)も楽しみですね。

ブエナビスタもマイル&2400のGⅠを勝ち

ウオッカ同様強さと速さを兼ね備えた一頭でした。

ここ数年、

ダイワスカーレット、ウオッカ、ブエナビスタと

名牝というにふさわしい馬が連続で出現し、

彼女達の子供がほんとうに楽しみですね。

2012年にはダイワスカーレットの初仔が

順調ならデビュー予定ですね。

父がチチカスナンゴという社台が導入初年度の

種牡馬です。

父が芦毛のだそうで、スカーレットの初仔も

芦毛のようです。

順調なら、来年夏か秋にデビューなので

楽しみですね。

シーザスターズ産駒のウオッカの初仔も

2013年日本でデビューするとのことなんで

こちらも楽しみです。

父母あわせてGⅠ13勝の馬ですね~

この記事に対するコメント

コメントはありません

コメントを残す