2011年12月14日

朝日杯 中山芝マイル

カテゴリ:未分類 コメント(0)

今週は第63回朝日杯FS

中山1600芝です。

内枠有利と言われているコース。

まず2001年以降の枠番別の成績を

見てみましょう。

Nakayama1600

確かに、1.2枠より7.8枠が勝率、複勝率とも

かなり悪くなっていますね。

下段は結果的な脚質別成績です。

結果的に逃げた馬の単回収率、複回収率とも

JRA芝レース全体の単複回収率とほぼ同じ

ですが、早め仕掛けの「マクリ」は、

芝レース全体と比較するとかなり

悪い回収率になっています。

芝全レースでの「マクリ」脚質だった馬の

単複回収率は170%位ですので

中山マイル芝は強引な「マクリ」は

決まりづらいコースといえるでしょう。

この内枠有利な傾向は、朝日杯ではより顕著で、

ここ10年8枠で3着以内に入ったのは

わずか2頭しかいません。

しかし、中山芝マイル全レースでは

8枠でもハナを取り切った馬の

単複回収率は抜群な数値を残していますので

脚質の予想はより重要といえます。

まあ、結果的に逃げる馬が100%正確に

わかれば、それだけで単回収率170%以上に

なるわけですから、その予想が難しいといえますね。

この記事に対するコメント

コメントはありません

コメントを残す