2011年11月15日

シンドローム鈴木の推薦馬

GAPとは人気薄異常投票があった馬の

「異常度の目安」と何度も言ってきました。

同じゾーンで同程度の人気で同じGAPだったとき

どちらがより信頼出来るか厚く買えるか。。

迷うことって結構ありますよね。

過剰ポイントCTでの入り方、数値の大きさなど

様々なファクターで判断しているのではないかと思います。

シンドローム2のGAPをもとに抽出した異常馬は

ここ4年すべて単複回収率100%以上を誇っています。

競馬を長くやって自身の成績をきっちり管理してる方なら

年間100%を超えることの大変さおわかりだと思います。

今年は震災の影響で3.4月の中止になった開催が

無理矢理後半に組み込まれ少頭数競馬の急増

がここ数ヶ月の成績不振となっています。

少頭数が増えるとここで公表している複回収率は

同じ3着位内率でもどうしても数値がさがってしまいます。

人気サイドが強く複回収率の数値も下げてますね、

1-6月は毎年成績が良く何も考えなくても

GAP発生の馬から黙って買ってれば勝てる時期ですが、

ここ数ヶ月成績悪く買い方に迷いがでた会員さんも

多いんじゃないでしょうか?

鈴木のオッズ競馬歴は意外に短くまだ4年くらいです。

それ以前はいろんな買い方を試しまし100%を達成したことも

ありましたがトータルでは100%には及びませんでした。

2008年はじめにシンドロームV1と巡り会い

1年後にV2がリリースされた後、

一般会員だった私がスタッフの仲間入りを

させて頂きました。

それほど、シンドロームオッズ競馬にのめりこんだんです。

鈴木自身も異常馬の本物か偽物かをテーマに

ここ2年検証研究を続けてきて

ある程度公表できると判断しました。

まずはデータをみてください。

Photo_5

2011(今年の月別成績)

Photo_6

チェック馬以外の馬の異常時成績

Photo_7

チェック馬とするロジックや馬名はここでは公表できませんが

来週から2週間試験的に会員さん全員に配布します。

リストは開催日の朝に出来ますのでメールでお送りします。

もちろん新規の会員さんにも配布致します。

その後どういう形で配信するかは会員さんの反響と

高田さんと相談してからになると思います。

ご期待下さい。

参考データ。

チェック馬に異常が発生した時の馬単成績(2011年のみ)

異常馬(C3以上、D3以上、EF4以上、G7以上)を

1着付け、2着には総合指数1-6位を購入)

Photo_8

この記事に対するコメント

4 件のコメント

コメントを残す