2011年10月18日

少頭数競馬の増加

カテゴリ:未分類 コメント(0)

会員用SNSでも記事にしましたが、

3月の大震災で中止になった分、夏以降に

組み入れられ少頭数競馬の割合が非常に増加しています。

シンドロームの異常馬成績は出走頭数を考慮せずに

毎週アップしています。

少頭数競馬での異常馬の判断は

13頭立て以上のレースと同じGAPだけの判断では

不十分な点があります。

今年の9月の開催が始まる前に、9月は鬼門という

話をしましたが過去3年間9月の異常馬の回収率が悪い

原因のひとつに少頭数が多いことを上げましたが

添付画像のように2008~2010年の9月の少頭数の

多さもはっきりしました。

クラス等で分けて分析するのが重要なのは当然ですが

少頭数ならそれに応じた攻略法が必要と言えます。

GAPは13頭立て1人気が27%以上の馬連得票率とき

1番威力を発揮しますが、

少頭数ではGAPより指数順を重視するのが

良いのではないかと考えます。

Photo

この記事に対するコメント

コメントはありません

コメントを残す