2011年10月9日

シンボリルドルフ

カテゴリ:未分類 コメント(2)

シンボリルドルフが亡くなりました。

その後サッカーボーイも亡くなり、

名馬が亡くなる訃報を聞くと

その馬の活躍した頃が懐かしく思い出されます。

10年以上前にミスターシービーも亡くなり

ルドルフが二年連続で三冠を達成しましたが、

ミスターシービー党だった私はルドルフに勝てない

ことがなんとも悔しかったのを思い出されます。

ナリタブライアンも早くに亡くなり、

これでディープインパクト以外の三冠馬は

すべて亡くなってしまったわけです。

今は父内国産も輸入種牡馬もほとんど差が

ありませんが父内国産で三冠馬になったのは

ミスターシービーだけなんですよね。

今年はオルフェーヴルが父内国産で史上2頭目の

三冠の期待がかかります。

オルフェーヴルにとって皐月やダービーより

血統的には菊が1番適正有りと思ってますが、

メイショウサムソンもそんな感じで菊は勝てませんでしたから

オルフェーヴルはどうでしょう?

ステイゴールド産駒というのが渋いですね~

ステイゴールドはその名前とは裏腹にやたらと2着が多く

結局は国内GⅠは一度も勝てなかった馬ですが

すでにドリームジャーニーやナカヤマフェスタなど

GⅠ馬を輩出しているんですからたいしたもんです。

SS系の底力ですね~

さて明日は伝統のGⅡ毎日王冠です。

昔から速い時計の決着することの多いレースですね

ネーハイシーザーが1:44秒台で勝ったときは

ほんとビックリしたものです。もう17年も前になります・・

土曜日は京都で2000m1:56秒台がでましたね

京都はかなり高速馬場のようですが

東京はどうなんでしょう。

シルポートの単騎逃げが予想されますが

この馬はハイペースでガンガン行った方が

良いんじゃないかと思うんだけどな~

この記事に対するコメント

2 件のコメント

コメントを残す