2011年6月23日

少頭数対策

カテゴリ:未分類 コメント(1)

夏競馬開幕週の6/18-19

出走頭数が全体的に少なく

二日間72レースで10頭立て以下の少頭数レースが

実に22レースもありました。

BゾーンCT数値1位馬の単成績は10頭立て以下のレースでも

変わらず120%弱の回収率がありますが

CゾーンGAP3以上は発生数がかなり少なくなります。

全体ではCゾーンGAP3以上が単複回収率が100を超える

ラインですが10頭立て以下のレースでみると

CゾーンでGAP2でも単複とも100%以上の回収率があります。

10頭立て以下のレース限定

Cゾーン GAP2

単回収率114%

複回収率103%

またD上ゾーンでも10頭立て以下のGAP5以上は

単回収率197% 複回収率148%と抜群なのと同時に

GAP2~4でも複回収率110%あります。

少頭数レースではCゾーンGAP1.2や

D上ゾーンGAP2~4も通常のレース以上の

注意が必要と言えるようです。

この記事に対するコメント

1 件のコメント

コメントを残す