2011年6月1日

大穴 Dゾーン下 !!

カテゴリ:未分類 コメント(0)

先週5/28-29の二日間で

Dゾーン下(馬連得票率1%未満)

単勝で言えば100倍以上の馬達がいる大穴ゾーンです。

このゾーンでのすべての馬の成績は

過去2年10ヶ月で(新馬戦を除く)

24625頭発生して

1着 44頭

2着 121頭

3着 194頭

勝率は0.2% 単回収率は29%

複勝率は1.5% 複回収率は50%しかありません。

このゾーンでGAP6以上で複回収率は112%となりますが

複勝率はわずか3.8%しかありません

100頭発生して4頭弱しか馬券にならない訳です。

決して軸馬には出来ないですよね。

しかし毎週数頭このゾーンの馬達から

馬券になる馬がでてきます。

先週は177頭中5頭も馬券になりました。

せっかく異常馬から馬券を買ってその馬が

3着以内に入ったのに「これは持ってないよ~」って

いう経験誰にもありますよね。

先週馬券になった5頭について調べてみました。

528t8

5/28(土)の東京8レース500万下です。

このレース馬体重-12でありながら

締め切り2分前に3番ケイアイマーズからの馬券が売れ

十分軸と狙える馬でした。

Dゾーン上に2頭GAP5以上の馬がいましたので

当然この2頭は押さえますが、それぞれ6着 10着と

馬券にはなりませんでした。

3着に馬連得票率0.6%単勝300倍近い馬が

飛び込んできました。

三連複で10万と高配当です。

3着に飛び込んだ10番リラティビティの

戦歴を見てみます。

Rhi

船橋で2連勝後中央に来て小倉Dで惨敗後

芝で惨敗そして今回左回りダートの不良馬場で

この人気なら三連複のヒモくらいには狙えたんでは

ないかと思うんです。

あまりにも人気がなかったですからなおさらです。

すべての馬の異常戦歴と普通の戦歴を

しっかり見るのはやはり大事です。

以前の記事にも書いたように

この時期の未勝利戦の初出走馬にも

十分注意が必要です。

異常投票がなくても人気薄で馬券になる

ことが非常に多いです。

関係者も走ってみないとわからないってことなんでしょう。

同じように未勝利戦での初ダートとか

初芝も要注意です。

つづく

この記事に対するコメント

コメントはありません

コメントを残す