2011年4月1日

複回収率

カテゴリ:未分類 コメント(0)

このブログ内で公開している複回収率は

シンドローム過剰ポイントを見ることができれば

誰でも同じ買い目になります。

公開している回収率は複勝の的中率、回収率

単勝の回収率、ワイドが中心です。

馬連、馬単、三連複、三連単については

個々ヒモの選択が違ったり、予算なども違いますので

公開していません。

シンドロームでいう異常馬とは馬連得票率と

異常馬の度合いの数値であるGAPをもとに

選択します。

従ってシンドロームを利用していれば

複勝、単勝、公式サイトで公開している

ワイド馬券は誰でも同じ馬を(馬券)を買うことに

なります。

当然会員すべてが同じ複勝を大量に買えば

オッズ変動もあり得ます。

会員数の上限を決めているのもそのためですが、

現在会員すべてが複勝、単勝を買っているわけではなく

会員個々で異常馬を絡めた、三連複や三連単を

購入する方も多く会員個々で回収率の

バラツキがあるのが現実です。

シンドロームでのオッズ競馬の基本は

人気薄の馬を狙い撃つことです。

複勝なら3着内に入れば的中ですが

その馬から他券種を買っても相手選びによって

的中したり不的中になってしまうこともあります。

これからシンドロームに入会して

オッズ競馬をやってみようとしている方は

異常馬が3着以内に来たときに確実に

GETできる複勝がやはりお勧めだと考えています。

新規入会者にはどういう時に複勝を買うかの定義として

「講座1」を配布しています。

もちろんそういう馬から3連複など他券種を

買うのは自由です。

例えばこのブログでもよく出てくる

Dゾーン上

これは単純に馬連得票率が1%から4%未満の

馬です。

このゾーンで異常度合いを示す、GAPが「5」以上

あれば複勝は「買い」なんです。

この二つの指数をみるだけでOKです。

こういう馬はシンドロームをみれば

どの馬かだれでも判断できます。

2008年7/19以降2011年3/31まででの

Dゾーン上GAP5以上の馬の

実際の的中率、複回収率はご覧のとおりです。

クラス別にしてみました。

Due

新馬戦を除く全レースが対象です。

この2年8カ月で4584頭出現してます。

609頭が3着以内に入り、複勝率が12.5%です。

約7頭に1回弱が的中になりますんで

連敗することも当然あります。

連敗が続きついつい人気馬からの馬券を買ったら

異常馬が激走ってことがよくあります。

トータルでは100%を軽く超えることが実証されてますので

ぶれずに買い続けることが大事です。

過去2年8カ月で

このD上のGAP5以上の馬を1000円づつ

買い続けたときの利益は

4,584,000円購入して

払い戻しが5,317,440円になります。

利益が733,440円になります。

このほかにCゾーン、Bゾーンでの単複で

回収率100%を超える馬がいます。

これがシンドロームの力なんです。

誇大表現でもなんでもありません。

すべて細かな検証に基づいた嘘偽りのない数字です。

この記事に対するコメント

コメントはありません

コメントを残す