2010年12月21日

アッと驚くダイユウサク

カテゴリ:未分類 コメント(5)

長く競馬をやっていてGⅠレースを見てると

人気の強豪馬を蹴散らして優勝した馬は多数いましたが

特に印象深く残っているのは

1985年13番人気でシンボリルドルフを差し切った

秋天の、ギャロップダイナ

そして直線一気の鬼脚を決めた

1991年有馬記念のダイユウサクではないでしょうか。

この年の有馬、秋天で1着楽勝も降着となった

メジロマックイーンがJCでも4着で

なんとしてもウサを晴らして有終を飾りたいレースでしたが、

ダイユウサクの奇跡的な鬼脚に屈して2着。

実力No1は認められながらも秋のGⅠ、3戦は

結局未勝利で終わってしまいました。

未勝利といっても有馬では2着確保で

連対を果たし、松田優作ファンだった元嫁が

GETしたのを懐かしく思い出されます。

ダイユウサクは有馬優勝後6回重賞で出走しましたが

一度も掲示板にのることもなく引退しました。

本当に一生に一度だけ大舞台で見せた、

まさしく「鬼脚」でした。

元嫁どうしてるかな~

20101220_193841

この記事に対するコメント

5 件のコメント

コメントを残す