2010年11月19日

武豊のケース

カテゴリ:未分類 コメント(0)

1987年デビュー

デビューの年から重賞を勝ち

2年目には菊花賞でGⅠ初勝利。

その後数々のGⅠを勝ったのはいうまでもありません。

今年は怪我で戦列を離れまだ58勝ですが

同期の蛯名や1歳上の横山典が頑張ってますから

まだまだ老け込むのは早いと思いますが・・・

武豊がDゾーン上とCゾーンに乗ったとき

騎乗数の割に数は少ないですが

複勝率はほぼ平均値ですが複回収は63%しかありません。

数値だけ見ると武豊の人気薄は切り!と見えますが

意外にもGAPが大きめに入ったら100を超えてきます。

武豊が騎乗するだけで売れるという現象は

少し昔ほど薄れてきた気がします。

しかし武豊から他の騎手へ乗り替わった時の

複回収率は92%あります。

依然として武豊が過剰に売れていると言うことでしょうか・・

武豊からの乗り替りで好成績な騎手は以下の通り

Photo

GAP発生だとさらに良くなります。

上記の数字は馬連得票率、すべての範囲です。

この記事に対するコメント

コメントはありません

コメントを残す