2010年11月15日

シンドローム2の投票機能

カテゴリ:未分類 コメント(7)

シンドローム2は独自の投票機能搭載のソフトです。

まずは投票の為の買い目設定画面と

投票画面をご覧下さい。

Touhyou

左の環境設定の買い目設定画面(ここでは3連複)

軸 ○ ×の組み合わせで自由に設定変更

することが出来ます。

ここには設定してない軸××や○○×も買えるように

設定できます。

本線に設定することで右の買い目作成画面では

軸○○の組み合わせをここではしてみました。

軸軸軸 軸軸○ も本線設定ですが、

ここでは軸を1頭しかマークしていないので

買い目は作成されません。(当然ですが)

近いうちにマークもひとつ増え(△)が増え、

買い目のバージョンも幅広くなります。

メイン画面で印をマークしてメイン画面の投票ボタンを

クリックすると、買い目作成画面(右)が現れます。

軸1頭 ○4頭 ×4頭で26点作成されます。

次に資金配分です。

100円でも5000円でも1点同じ金額を買うなら

「同一金額」にマーク

買い目のどれが入っても同じくらいの配当をもらいたい

時は「同一回収率」をマーク、賭け金総額予算を

入力する必要があります。

例えば5000円くらいの予算でどれがきても

同じくらいの配当を得たい時に使います。

次の本線集中配分も優れもので

薄い黄色で網がかかった本線だけ同一回収率に

自動配分され本線以外は元返しレベルで買われます。

この時も総予算をあらかじめ入力します。

予算配分は

例えば10000円の予算でこれを使用すると

同一金額で約10000円買われます。

この例だと26点で400円づつ10400円買われます。

次の同一払い戻しはどの買い目が入っても

指定した金額の払い戻しが受けられる

という買い方です。

ここでは、どれが来ても100000円払い戻し

したいなら159000円必要という買い方です。

(今回追加した機能ですね)

例えば、違う券種を買うときもそのまま買い目作成

しても前に作った買い目は自動で保存され、

まとめて投票できます。

もちろん

フィルタ機能もすべての券種で下限も上限も

自由自在です。

慣れれば印をマークして投票を押して

IPAT投票押すまで10~15秒で出来ると思いますよ!

本線の色がついてる行はCtrtキーを追いながら

+を押すことで押した回数だけ賭け金が増えていきます。

オッズ競馬は時間との戦いもありますから

オッズ競馬直前はにはほんと心強い武器です。

3連複、3連単の、多点数の複雑な買い目でも

自動にフォーメーション投票され時間もさら」に

短縮されます。

そしてこの投票機能の目玉・・

ここでは書けませんが、シンド会員の方なら

直前オッズ派の最強武器を十分活用していると思います。

最後にIPAT投票ボタンを押すときは必ず投票画面

上部の購入金額を確認しましょうね!

1点100円で30点の3000円の予定が

1点3000円の30点って間違えちゃ大変ですよ!

当たれば良いけど~

この記事に対するコメント

7 件のコメント

コメントを残す