2010年11月9日

エリザベス女王杯 回想

カテゴリ:未分類 コメント(3)

「1週遅れの横山典弘~!」と実況アナウンサーが

叫んでからもう20年。

ゴール板のかなり前で勝利を確信したのか

ガッツポーズで手をあげてのゴール。

よほど嬉しかったんでしょうね。

1週前の菊花賞で、断然人気のメジロライアンで

3着と破れGⅠ初勝利を逃した横山典弘。

1990年の第15回エリザベス女王杯では8番人気の

キョウエイタップに騎乗、菊花賞の悔しさを晴らす圧勝でした。

鈴木が馬券を買うようになって33年、

過去のGⅠなら出馬表を見ればどの馬を買ったのか

だいたい思い出されるんですが、このエリ女杯は

何を買ったかまったく思い出せません。

当たってないことだけは間違いありません、

若い22歳の横山典弘がガッツポーズでゴールしたのを

悔しい気持ちで見たのだけは覚えてるんです。

1990

この前年の第14回エリ女杯は

20頭立て20番人気単勝460倍のサンドピアリスが1着

2着が 10人気 3着 15人気

3連単があったらとてつもない配当だったでしょうね~

この記事に対するコメント

3 件のコメント

コメントを残す