2010年9月17日

3連単高配当依存症

カテゴリ:未分類 コメント(0)

3連単高配当依存症に陥っている鈴木の収支はどうしても安定しません。

シンドV2で的確な穴馬が見えてその馬から買ってズバッと3着以内に入っても

他の2頭がだめだったり、組み合わせが違ったりで取りこぼすことが多々あるんです。

異常があった人気薄の馬が必ず馬券になるならいいんですがそうもいかず

偽異常を見破るために奮闘していますが、ここが一番難しいところです。

異常の目安であるGAPとシンドV2の総合指数順位の二つの指数だけで

十分戦えることもわかってるんです。

GAPが3以上あり総合指数順位が1位から3位の馬の複勝を買う作戦です。

2008 7/19 の全レース三連単発売以降先週まで

新馬戦と重賞を除く全出走頭数は107778頭

その中でGAP3以上で総合指数が3位以内の馬は3538頭

約30頭に1頭出現します。2レース弱で1頭くらいです。

この2年2ヶ月3538頭の複勝を買うと的中率32%回収率113%

この数値、場所、クラス、馬場、月別 どこからみても安定してるんです。

3連単高配当依存症は治らないと思いますが、ちょっと考える時が来てるのかな

この記事に対するコメント

コメントはありません

コメントを残す